肌に良い美容成分って、なんなの?

MENU

抗酸化作用に注目

肌を健康に保つためには、いろいろな食材をまんべんなく食べるということが大切です。

しかし「一日に何種類も食べられない」「歳をとって、あまり多くは食べられない」というひとも多いでしょう。そういう方は、美容成分の高い食材を意識して摂るようにしましょう。

アンチエイジング効果があるとされ、美容に良いと注目されているのが「抗酸化作用のある食べ物」です。「酸化」とは「過剰に発生した活性酸素により、身体がさびること」です。

色々なものを食べるのがいい

細胞がさびてしまうことで、シミやしわ、白髪、臓器の衰えや関節の衰えに繋がってしまうのです。また身体が酸化することで、動脈硬化等の生活習慣病も起こりやすくなると言われています。

これらを食い止めるのが「抗酸化作用のある食べ物」です。

抗酸化作用のある食べ物は、ビタミンの宝庫であるバナナ、緑黄色野菜のかぼちゃ、ニンジン、イソフラボンを多く含んだ大豆製品、ポリフェノールを多く含んだブルーベリー、ラズベリーといったベリー類等があげられます。

これらの食材を日常的に摂ることで、体内での活性酸素発生をおさえてアンチエイジング効果が期待できます。肌がつねに若々しくあれば、ターンオーバーも早まり、ニキビができてもすぐ治るようになりますし、ニキビ痕の早期改善も期待できます。

トップへ