NGケアの典型的な例を挙げました!

MENU

過激ケアは禁物

ニキビは刺激や汚れによって広がりやすくなります。

首ニキビを治そうと思ったら、過剰に洗顔したり、熱いお湯で洗ったり
逆に冷水で洗うようなことはやめましょう。お風呂に浸かる時も、熱すぎるお湯は避けましょう。

絶対にダメ

皮脂の汚れは取らなければいけませんが、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ってしまうと、潤いまで落ちてしまいます。とくに界面活性剤が配合されているものは注意が必要です。界面活性剤とは、油分と水分を混じり合わせる成分です。

これにより肌に必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥を引き起こすのです。
界面活性剤入りのものは使わない、あるいは使ったあとしっかり保湿するように心がけましょう。

保湿は大切ですが、ストールで首元を覆ったり、つねにマスクをつけている等、首をふさいでしまうのはやめておいたほうが良いです。覆っていると乾燥はしませんが、繊維とニキビがこすれて刺激になってしまいます。また雑菌も増えやすく、アクネ菌の増殖を引き起こしがちです。

ニキビを潰すのもやめましょう。ニキビの中の白い膿をすべて出してしまえれば良いのですが、そうでなければ雑菌が中にたまったままになります。無理に潰すと痕が残ったり、でこぼこの肌になることもあります。

痛みがある場合や、腫れが引かない場合は炎症を起こしている可能性があります。
病院で看てもらうようにしましょう。

トップへ