できる場所で対処法が違う?

MENU

おでこ、生え際にできるニキビ

おでこや生え際は、皮脂量が多い部位です。

また化粧や整髪料、シャンプーが残りやすい部分でもあり、汚れが溜まりやすい傾向にあります。
できたニキビに前髪が刺さることで、悪化してしまうこともあります。

前髪をあげて、かからないようにしましょう。シャンプーしたあと洗顔すると、おでこにシャンプーが残りにくくなります。「ギトギトしているのに、保湿はいらないでしょ?」」と思いがちですが、保湿をしないと肌のバリア機能が元に戻りません。

洗顔したあとは、化粧水や保湿液でしっかり保湿しておきましょう。
寝る時も前髪がかからないようにし、枕やシーツも清潔に保つようにしましょう。
鼻や鼻下にできるニキビ
鼻のニキビ、目立つから嫌ですよね。

鼻は毛穴がとくに多い部分で、毛穴も大きいことから皮脂や汚れがたまりがちな部分です。アクネ菌が常駐してしまい、毛穴にもぐりこんで大きなニキビに発展することもあります。

きちんとケアしないと悪化し、毛穴が広がり「いちご鼻」になってしまうことも。
ごしごし洗うとニキビを悪化させるので、洗顔料を泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

洗ったあとは保湿しましょう。アクネ菌を繁殖させないために
抗炎症作用のあるグリチルリチン酸や、サリチル酸が配合された化粧水が有効です。
頬にできるニキビ
頬は乾燥が原因でニキビができやすい部位です。

頬のニキビ

ホルモンバランスの乱れや、クーラーが当たる、紫外線が当たる等の理由で大人ニキビができるのです。ストレスを解消し、保湿を続けることで改善が見込めます。

また頬は「髪があたる」「寝具があたる」といった理由で、ニキビができやすい部位です。
髪をまとめたり、枕を清潔にするだけで改善するひともいます。
あご、首にできるニキビ
あご、首にできるニキビは肌のバリア機能の低下により起こりやすく
初期ニキビは保湿することで改善します。

保湿をしても改善しない場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かも知れません。
自宅でケアしても治らない場合は、病院でホルモン検査をしてもらいましょう。

血液検査をすることでホルモンの乱れは分かりますし、薬を飲むだけで改善するケースもあります。

トップへ