首ニキビのできやすい人の特徴

MENU

水分をあまり摂らないと、できやすくなる

首ニキビやあごニキビは、乾燥やストレスが原因で、大人のほうができやすいと言われています。

首ニキビの予防は、積極的に水分を摂取すること

日常的にストレスを抱えているひとや、クーラーや扇風機の風を浴びながら仕事をしているひと、水分補給をあまりしないひとがなりやすい傾向にあります。

顔はUVケアしているのに首はできていないひとも多く、紫外線にさらされることで肌のバリア機能が低下し、首ニキビができてしまうひともいます。

女性の場合、出産後、突然ニキビが増えてくる時期があります。
これは出産にともない女性ホルモンが減少し、皮脂の分泌が減ることで起きる乾燥が原因です。

首ニキビ、病院に行くべき?

首ニキビは顔ニキビと違って、放っておいても治らない場合があります。

ニキビは病院に行って診察してもらってもいい

食生活を改善したり、保湿をしていても改善しない場合は病院で看てもらったほうが良いでしょう。ニキビを看てもらうときは、皮膚科やニキビ治療を専門に扱っているクリニックに行きましょう。

できているニキビはもちろん、潰して痕になってしまった首ニキビも治療すればつるつるの肌に戻ることができます。「ニキビ治療って高そう」「美容整形になるんじゃ?」と思っている方も多いかもしれませんが、ニキビ治療のなかには保険が適用されるものもあります。

薬を塗ったり、抗生物質を内服するだけで改善する場合もありますから
悩んでいないで早めに看てもらうようにしましょう。

トップへ